用語集CrossFit Words

時間系の用語

時間系の用語

クロスフィットには時間系の用語がいくつかあります。

AMRAP

As Many Round As Possibleの略で「アムラップ」と呼びます。

決められた時間内で出来るだけラウンド&レップをこなすという意味です。

ワークアウトの例

10min AMRAP
15 Air Squat
10 Sit-Up
5 Push Up

10分以内に15回のスクワット、10回の腹筋、5回の腕立て伏せのセットを何周出来るかというワークアウトです。
例えば4週目の腹筋5回目で10分経過した場合は
4 + 20(4周とスクワット15回+腹筋5回)
というスコアになります。

For time

「フォータイム」と呼び、決められたメニューを出来るだけ早く終わらせるワークアウトです。
終わったタイムがスコアになり、Time Cap「タイムキャップ」が設けられている場合、時間内に終わらなければスコア無しになります。

ワークアウトの例

For time
3Rounds
15 Air Squat
10 Sit-Up
5 Push Up

Time Cap 5:00

3ラウンドの15回のスクワット、10回の腹筋、5回の腕立て伏せを何分で割れるかというワークアウトです。
3分半で全て終了した場合のスコアは「3:30」になり、タイムキャップである5分以内に終わらなかった場合はDNF(Did Not Finish)になります。

EMOM

Every Minutes On the Minutesの略で「イーマム」と呼びます。
1分間決められたメニューをこなすという意味です。

ワークアウトの例1

10EMOM
5 Air Squat
5 Sit-Up
5 Push Up

1分間に5回のスクワット、5回の腹筋、5回の腕立て伏せを行い、余った時間は休憩。
例えば40秒で終わった場合は20秒休憩し、次の1分で同じセットを繰り返すを10セット。
合計10分で終わるワークアウトです。

ワークアウトの例2

5E3MOM
400m Run

3分の間に400m走り、余った時間を休憩しを5回繰り返します。
合計15分で2,000m走ることになります。

EMOMはインターバルでダレてしまう方にとってもオススメで、筋力トレーニングのセットにも使えます。

Death by …